FC2ブログ










景色を眺めながら

070317


どこからご一緒だったのだろうか、列車の中にいながら赤いマフラーを巻いてただただ車窓を眺めている女性。窓に映る景色は彼女にとってどのように映っていたのだろうか?

五能線 北能代駅にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2007/03/17 07:00 ] 五能線郷愁路 | TB(-) | CM(2)

平野をゆく

070316


五能線というと海岸沿いというイメージがあるが、能代界隈は普通に田園地帯を走る。深浦から乗った上り列車は八森を過ぎると海と別れ、平野を走る。単調な直線のためスピードは上がる。

五能線 東八森~八森にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2007/03/16 07:00 ] 五能線郷愁路 | TB(-) | CM(2)

車窓に映る景色

070315


奇岩が車窓の下に見えてくると有名な木蓮寺の海岸だ。この日の天候は意外とめまぐるしく、荒れた海もあれば日が差して穏やかな海の表情も見せてくれた。

五能線 岩館~大間越にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2007/03/15 07:00 ] 五能線郷愁路 | TB(-) | CM(2)

荒れた海岸をゆく

070314


北金ヶ沢を深浦方面に向けて発車すると海に手が届きそうなところな場所を走る。海の表情も様々で、雲行きが怪しくなりちょっと風が強くなると簡単に海が荒れてしまう。窓を開けると水しぶきが飛んできそうだが、列車のジョイント音が波の音に消されるくらい迫力がある。

五能線 追良瀬~驫木にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2007/03/14 07:00 ] 五能線郷愁路 | TB(-) | CM(0)

初春の日差し

070313


線路はすでにバラストが見えているが駅の周囲はまだ残雪が。それでもホームは凍結していないので乗降客にとっては歩きやすい。やわらかな日差しが春の訪れを感じるようだ。

五能線 北金ヶ沢駅にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2007/03/13 07:00 ] 五能線郷愁路 | TB(-) | CM(0)

大きな風呂敷

070312


行商の方のような大きな荷物ほどではないが、大きな風呂敷を背負った乗客を五能線でも見かける。静かな車内なのでギュッギュと長靴の独特な足音が響く。

五能線 車内にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2007/03/12 07:00 ] 五能線郷愁路 | TB(-) | CM(0)

晩冬の五能線の旅

070311


小雨の降る鯵ヶ沢駅に深浦方面からの列車がやって来た。定刻でやって来たのでどうやら海は大荒れではないらしい。冬の五能線は海が大荒れになったり吹雪になったりすると定刻どおりに動かないこともよくある。

五能線 鯵ヶ沢駅にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2007/03/11 07:00 ] 五能線郷愁路 | TB(-) | CM(0)