fc2ブログ









中山宿スイッチバック

060221


急勾配を理由にスイッチバック方式している駅がここ10年で一気に姿を消していることに気づく。私の身近な駅で言うと板谷峠しかり、そしてこの磐越西線中山宿しかり。この写真は郡山行き普通電車。今電車が止まっているところが引込み線でバックして私の後方にある駅へ進入、そして画面右の線路に進み郡山へと向かってゆく。

磐越西線 中山宿駅にて [RDPにて撮影]
[ 2006/02/21 07:00 ] 東北鉄道風土記 | TB(-) | CM(0)

50系客車列車

060220


東北本線の普通列車が客車から電車に置き換わる直前に撮ったもの。赤い機関車と赤い客車はみちのくの風景にマッチしていたように思える。先頭の機関車はオリエント・サルーン専用塗装。多分すでに廃車になっているだろう。

東北本線 小繋~小鳥谷にて [RDPⅡにて撮影]
[ 2006/02/20 07:00 ] 東北鉄道風土記 | TB(-) | CM(0)

特急はつかり&特急たざわ

060219


現在は新幹線が秋田・八戸まで開通しているが、ほんの数年前までは盛岡から接続特急に乗り換えなければならなかった。青森行き「特急はつかり」、秋田行き「特急たざわ」。一つの駅にこうして二つの特急が顔をそろえるのも最近はほとんど見られなくなったように感じる。もちろんこの絵も過去のものでしかない。

東北本線 盛岡駅にて [RDPⅡにて撮影]
[ 2006/02/19 07:00 ] 東北鉄道風土記 | TB(-) | CM(0)

会津平

060218


夕暮れの会津平(会津盆地)にて。たった一人の乗客を降ろし、列車はすぐさま次の駅へ向けて発車する。雪で掻き消されほとんど聞こえないはずのアイドリング音が遠くで響くのを感じることができた。

只見線 若宮駅にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2006/02/18 07:00 ] 只見線歳時記 | TB(-) | CM(0)

滝湖の白鳥

060217


会津塩沢駅近くには「滝湖」と呼ばれる只見川の畔があり冬には白鳥が飛来してここで越冬する。ただ列車と白鳥を絡めるのは意外とも難しく、列車が来る直前になって白鳥サンが優雅にフレームアウトすることもしばしば。そして線路脇は雪壁が立ちはだかり何度チャレンジしたことか。

只見線 会津大塩~会津塩沢にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2006/02/17 07:00 ] 只見線歳時記 | TB(-) | CM(0)

フェイス

060216


ラッセルはサイドから撮るのも良いが個人的にはやはり正面からドカンと切り取る方が絵になると思う。まさに戦っている男の表情と言ったら大袈裟かもしれないが、でも近いことは言えるだろう。旋回窓の鉄格子が特徴の会津若松のDE15はまさに戦闘態勢の顔付きだ。

只見線 本名~会津越川にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2006/02/16 07:00 ] 只見線歳時記 | TB(-) | CM(0)

雪壁

060215


今年の冬も大雪だが去年の冬も近年稀に見る大雪。この雪壁の高さがその証明。もうすぐ列車の高さに達してしまう。どこの峠で撮ったのか、いやいや、これは駅の改札口で撮った一枚。駅の周囲はこんな感じの雪壁に覆われていた。

只見線 只見駅にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2006/02/15 07:00 ] 只見線歳時記 | TB(-) | CM(0)