fc2ブログ









2006.04.20 ~銀河線廃止の日 1~

060423


ついに廃止の日を迎えてしまった。周囲が慌しくやはりいつもの気持ちでいられない。この日運転される「お別れ列車」をどこから撮影しようか、と一瞬悩んだが、自然にハンドルを高島駅に向けていた。

北海道ちほく高原鉄道 様舞~高島にて 【D70sにて撮影】
[ 2006/04/23 07:00 ] 銀河線の旅路 | TB(-) | CM(0)

追憶 ~銀河線初訪問 7~

060422


銀河線沿線は足寄や陸別、置戸や訓子府などの町があるが、その町と町の間はほとんど人口希薄な地帯をゆく。人の流れもあまりなく、あってももちろん自家用車がほとんどだ。利用する人は通学の高校生と病院へ通うお年寄り。どこにでもあるローカル線の問題ではあるが、銀河線の場合はその問題が特に重くのしかかる。この写真を撮った10年後、銀河線は「廃線」という終着への変更を余儀なくされてしまった。

北海道ちほく高原鉄道 様舞~高島にて [RDPにて撮影]
[ 2006/04/22 07:00 ] 銀河線の旅路 | TB(-) | CM(0)

追憶 ~銀河線初訪問 6~

060421


長い線路、しかし細々しい。遠くからカタンカタンとリズムをつけてやってきた銀河線CR70はこんな線路でこの先100㎞もの道のりを走らなければならない。

北海道ちほく高原鉄道 様舞~高島にて [RDPにて撮影]
[ 2006/04/21 07:00 ] 銀河線の旅路 | TB(-) | CM(0)

追憶 ~銀河線初訪問 5~

060420


高島駅を離れた列車を腕木式信号機と数少ないルピナスと共に一枚。

北海道ちほく高原鉄道 高島駅にて [RDPにて撮影] 
[ 2006/04/20 07:00 ] 銀河線の旅路 | TB(-) | CM(0)

追憶 ~銀河線初訪問 4~

060419


そして池田行きの発車シーン。懐中時計を確認し点呼する駅員、その合図でノッチを入れる運転手。人と人のコミュニケーションで鉄道が運行されていた時代だった。

北海道ちほく高原鉄道 高島駅にて [RDPにて撮影]
[ 2006/04/19 07:00 ] 銀河線の旅路 | TB(-) | CM(0)

追憶 ~銀河線初訪問 3~

060418


この頃の銀河線はまだ国鉄時代の古い鉄道施設が健在だった。自動信号ももちろんなくタブレットを使用して列車を運行していた。ただ撮影当時、この真新しい銀河線の車両とCRとの組み合わせに違和感を覚え、あまり撮らなかった経緯がある。今考えると実にもったいない。

北海道ちほく高原鉄道 高島駅にて [RDPにて撮影]
[ 2006/04/18 07:00 ] 銀河線の旅路 | TB(-) | CM(0)

追憶 ~銀河線初訪問 2~

060417


銀河線で一番お気に入りの駅の一つだった高島駅。初夏の北海道に咲くルピナスも駅構内にひっそりと生えていた。時期としてはちょっと遅く色づいていたものを探すのは大変だったが。

北海道ちほく高原鉄道 高島駅にて [RDPにて撮影]
[ 2006/04/17 07:00 ] 銀河線の旅路 | TB(-) | CM(0)