fc2ブログ









雨に濡れて

060623


夕刻の駅前、雨に濡れたアジサイがとても印象的だ。間もなく会津若松からの列車がやってくる。家路を急ぐ人たちもこのアジサイを一目見て帰っているのだろうか。

只見線 会津宮下駅にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2006/06/23 07:00 ] 只見線歳時記 | TB(-) | CM(0)

ガクアジサイ

060622


民家の軒並みに咲くガクアジサイ。通常のアジサイと違って周辺の花びらだけが開く。向こうに咲くタチアオイと共にぐずついた空にも映えるからこんな天気でも撮影のテンションが下がらない。

只見線 会津横田~会津大塩にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2006/06/22 07:00 ] 只見線歳時記 | TB(-) | CM(0)

夕刻の川霧

060621


日も暮れだす頃、只見川の川面にうっすらと川霧が立ち込める。気温と水温の差が生じて起こるもので、やはり奥会津の夏の風物詩と言ったところか。この川霧は天候や風によって様々な表情をもたらし、私たちを楽しませてくれる。もっとも地元の方にとっては爆裂な川霧は交通障害になる恐れもあるので手放しに喜べないが。

只見線 会津中川~会津川口にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2006/06/21 07:00 ] 只見線歳時記 | TB(-) | CM(0)

本名駅前集落にて

060620


本名駅は只見線の中で最もお気に入りの撮影地の一つ。線路際や駅周辺が会津の生活の匂いを一番に感じることができる。この日も庭作業に追われる地元の方とお会いし他愛もない会話で時間を費やした。そして踏み切りの音が鳴り列車はやってきた。するとこの方は「あ~、そろそろお茶の時間だ。飲んでいくか?」と。生活に列車の時刻が染み込まれているのを改めて感じたひと時だ。

只見線 本名駅にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2006/06/20 07:00 ] 只見線歳時記 | TB(-) | CM(0)

桐の花

060619


桐の花が開花すると会津にも初夏がやってきた感じがする。なかなか列車と絡めづらい木ではあるが、高い位置から狙うことができた。願わくはもう少し色がのってくれれば・・・。

只見線 会津水沼駅にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2006/06/19 07:00 ] 只見線歳時記 | TB(-) | CM(0)

只見川の流れに沿って

060618


よく晴れ渡った初夏のとある一日。心地よい風がほとんど流れのない只見川になびいた。列車もまた壮大な只見川の流れに沿ってゆっくりと進む。

只見線 会津宮下~早戸にて [RDPⅢにて撮影]
[ 2006/06/18 07:00 ] 只見線歳時記 | TB(-) | CM(0)

アップダウン

060617


富良野線のハイライト、西日に照らされた丘陵地帯のアップダウンの鉄路を進む。望遠レンズによる圧縮効果のおかげでアップダウンが更に引き締まった絵を描くことができた。

富良野線 美瑛~美馬牛にて [RDPⅡにて撮影]
[ 2006/06/17 07:00 ] 汽笛協奏曲 | TB(-) | CM(0)