FC2ブログ









平成最後の日

平成31年4月30日。ついに「平成」という元号最後の日を迎えることになりました。

昭和64年1月7日、当時私は中学二年生でした。昭和天皇崩御という重苦しい中、鶴見線昭和駅に行った記憶があります。券売機でキップを買いましたがその後紛失。まあキップコレクターではないのでさほど気にせず。

しかし学年が一つ上がり、高校受験が控えている中、鉄道情報誌の特集を読んで行きたくなった場所。それが板谷峠でした。忘れもしない平成元年10月22日。朝一番の東北新幹線で福島駅に降り立ち、奥羽本線427列車に乗り越えて赤岩駅を目指しました。その日は多くのジョイフルトレインがやってくるだけあって、多くの鉄道カメラマンが集結。そこで知り合ったメンツに触発されて板谷峠の魅力に惹かれ、高校進学してから何度となく板谷峠に通い出す始末。その後友人たちに北海道の鉄道写真、とりわけ深名線の情景に魅せられて大学進学の地を北海道に選んでしまったほど。つまり私の撮り鉄人生は平成元年に初訪問した板谷峠全ての原点ということになります。名物だった四駅連続スイッチバックが廃止され、EF71やED78なども撤退し、そして山形新幹線が開業してからも、原点である板谷峠通いは今日まで続くことになります。

私にとって「平成」という時代での鉄道写真は広く浅く、ではなく狭く深いものでした。恐らく「令和」へ時代が変わってもこのスタンスは変わらないでしょう。鉄道写真人生30年を過ぎて、写真業界もフィルムからデジタルへ。そしてミラーレスへと変革していっています。時代に取り残されないように、新しい時代もさらに頑張っていきたいです。

画像は平成元年10月22日、初めて板谷峠へ行く際にEF71を撮ったファーストカット。
Nikon EM / 奥羽本線 庭坂駅にて(1989.10.22)
20190430
スポンサーサイト



[ 2019/04/30 07:00 ] BLOG | TB(-) | CM(1)