FC2ブログ










雨宮21号卆寿雪中特別運行

北海道遠軽町にある丸瀬布いこいの森で、かつて森林鉄道の木材輸送などで活躍したSL「雨宮21号蒸気機関車の動態保存運転が夏場を中心に行われていますが、今回この機関車の卆寿記念として6年ぶりに雪中特別運行がありました。

雨宮21号卒寿記念雪中特別運行

実は運行初日の二日前まで積雪がほぼゼロ。Facebookで試運転の動画を見てハラハラした諸兄も多かったことでしょう。ところが前日の降雪で見事に雪景色となり、そして晴天となりました!ここでは道内や関東からの友人や知り合いたちも多く集ってさながら同窓会状態です。

雨宮21号卒寿記念雪中特別運行

さて、今回の雪中特別運行では協力金として2000円を支払うと有料撮影エリア「へ入ることができ、さらに追加料金を支払えば希望者には資料館屋上やひな壇お立ち台のベストポジションで撮影ができるシステムがとられていました。もちろん乗車目的の方は必要ないですし、踏切付近は協力金無しでも気軽に撮ることができます。Twitter上で賛否両論はあったようですが大多数の方は賛同してくれていたようです。この写真はそのひな壇より80-400mmを付けて、さらにクロップをかけて直線でドレンを出す瞬間を撮りました。もしこういった入れ替え制料金システムが無かったらずっと同じポジションで粘る人も多くなり、譲り合って撮ることができなくなっていたことでしょう。混乱なく場内整理が取れて、私は非常に良かったと感じました。

雨宮21号卒寿記念雪中特別運行

日も沈んだ夜間撮影タイム(といっても16時半から)も設けてもらいました。まだ明るいうちは撮影ポジションに停車して汽笛やドレンなど出し、暗くなってきてからバックして撮影者が構える位置まで何度か走行して、白煙なびくSLの姿を写しとめることができました。この写真はそのイベントが終わる直前。三脚を持たない私は1/10secのシャッタースピードながら手持ちで撮影。

雨宮21号卒寿記念雪中特別運行

撮るのも楽しいけど乗るのももっと楽しい!ということで二日間で二回乗車。冷たい空気に触れながら石炭の匂いを嗅ぐのも良いものです。友人たちと一緒に楽しく乗れたのもこういったイベントならでは。

雨宮21号卒寿記念雪中特別運行

ここは元々武利意森林鉄道という森林鉄道があって、それを公園内で復元運行しているもの。そうなると木材を積んだ貨車と一緒に撮りたくなります。しかし初日からイメージしていながら撮ったのは二日目の最終運行列車。危うく撮り逃すところでした(笑)。

雨宮21号卒寿記念雪中特別運行

二日間にわたる雪中特別運行、最後の蒸気抜き見学会を終えて機関士さんたちよりご挨拶。今回の雪中特別運行は夢里塾や丸瀬布倶楽部など運営スタッフの方々のご尽力によって、トラブル無く素晴らしいイベントを終えることができました。こちらでお会いした皆さん、本当にありがとうございました!
関連記事
[ 2018/12/11 12:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する