FC2ブログ









雪晴れ

070106


列車を追っていると雲が切れ始め太陽が顔を覗かせてきた。ついには雲が山の奥へ流れ青空も広がってきた。こういう時はおのずと撮影のテンションも上がる。しかしこの列車を撮ったらしばらく列車はやって来ない…。

只見線 越後須原~魚沼田中にて [RDPⅡにて撮影]
関連記事
[ 2007/01/06 07:00 ] 只見線歳時記 | TB(-) | CM(4)

Re:

★京都鉄道案内人様

初めまして。コメントありがとうございます。
厳しい自然の中にある今ある路線は先代の人の労苦の賜物でしょう。
心に刻みながら旅を重ねるとまた違った感じ方ができると思います。
またコメントをお待ちしています。今後ともよろしくお願いします。
[ 2007/01/15 23:05 ] [ 編集 ]

写真の奇麗さには敬服いたします。昔の人はよくこんなところにまで線路をひいたものですね。
[ 2007/01/15 21:01 ] [ 編集 ]

Re:

★chao様

あけましておめでとうございます。
本文でも書きましたが、晴れる時はおのずと撮影のテンションも上がりますね。
冬の只見線は他では見られない風景が目白押しなので一度行ってみることをオススメします。
その雄大な風景に虜になってしまうかもしれません。
ともあれ今後ともよろしくお願いします。
[ 2007/01/10 22:11 ] [ 編集 ]

こちらでは初めての書き込みになりますが、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
列車を待つ間に晴れていって絶好の撮影コンディションに変わっていき、なおかつその状態で撮影できたときはホントに嬉しいものですよね。
雪の只見線はC11が走ったときに1度行ったことがありますが、いつかまた行ってみたいものです。
[ 2007/01/10 00:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する